企業選びについて

コンピュータは今は一般家庭においても必要不可欠な存在になってきました。
インターネットが出来る家庭、というのが年齢に関係なく当たり前になりつつあります。それに対して、使用する顧客自身のコンピュータに対する知識はというと、比例していないのが現状です。

コンピュータが設置している家庭が増えているのにも関わらず、知識をもっている人はほんの一握りです。
これからもコンピュータの普及は増えますが、利用はしても知識が伴うユーザーが増えるという期待はあまり出来ません。
義務教育の場でもコンピュータについての勉強はしますが、年々新しい知識や技術が発表されているので、大昔の知識では対応できないからです。
このようなスキルがついてこないユーザーに対して、専門家の需要は増えていくでしょう。

家庭内においても、コンピュータの設置や設定、また合わせて配線などの作業もありますので、ネットワークエンジニアの仕事としては企業だけでなくこれからは個人宅も視野にいれなくてはいけない時代かもしれません。
これからネットワークエンジニアとして仕事を目指すのであれば、専門のスキルも必要ですが、常に住宅事情や新しい知識、技術にも敏感でなくてはいけません。

企業に就職してネットワークエンジニアとして勤務すると年収は20~30代で400~500万円位ですから、一般職に比べてやや高いかと思われます。
ですが、年齢に合わせて年収が上がるといった職種ではありませんから、今度は40~50代になると年収に不満を感じるかもしれません。

企業での勤務を考える場合、将来的にネットワークエンジニアとしてかなり上級の工程を受け持ち、尚且つ自身のキャリアアップに繋がるような将来性のある企業選びが大切なのでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です