どのような資格が必要か

仕事に就くには必要な資格や知識、技術などがあります。資格についてはなくても良い、という企業もあります。
しかし、資格は持っているのといないのとでは大きな差が生まれることがありますので、出来るだけ取得しておく方が良いでしょう。

近年は女性の活躍も目立ってきたIT業界ですが、その中のセキュリティエンジニアという仕事は、インターネットの普及と共にその重要性が高まってきました。
今後も必要な職種ですし、これから活躍の場は広がっていくことと想像されます。

では、セキュリティエンジニアになるにはどのような方法があるのでしょうか。
一般的には、情報系の専門学校や大学などで必要とされる知識や技術を学び、関連企業に就職、ネットワークエンジニアを経てスキルアップしてセキュリティエンジニアになる、というのが多いようです。

全くの未経験では無理でしょうか。未経験の場合はシスコ技術認定者の「CCNA」に合格しておく必要があります。
他にあると良さそうな資格は「CCNP」、「CCIE」がありますが、難易度がかなり高くなりますから独学では難しいと思います。
専門学校や通信教育などで学ぶ方が良いかもしれません。
学費などがかかりますが、資格はとっておくと履歴書に記載できるものですから、書類審査の時でもアピールポイントになります。
ただ「出来る」というだけではなく、技術や知識の裏付けになるものですから自信がある人は特に取得しておくことをお勧めしたいと思います。

資格以外にもインターネット、ネットワーク、OSなどの知識や技術にも精通していると、より良いと思われます。
この知識や技術、資格は自身にとって武器になるものです。
武器が多ければその分収入も良くなりますし、働き方の多様化も出来ます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です